未分類

RAMAR活動休止ラストワンマンから3週間

いつも通りのライブがしたかった…

ライブメニューを考えてる時
昔の曲をいっぱいやろうか… とも思ったけど

どんな時も今と向き合い戦ってきたバンドだから
今伝えたい、届けたい19曲を選んだ。

 
19曲…

それだけの曲数歌ったライブは過去一度たりともないから
ラストの曲まで声が、体が持つのか不安だったけど

ライブ前夜しっかりと睡眠をとる事が出来
ライブ前には今回のツアーでの験担ぎアイテム「ユンケル」

御陰様でライブ全編終えても、もうワンステージ行ける勢い!

そして雑念は「ゼロ」

それなのにどこかに飛んでった歌詞は…

もぅ迷いも未練も何もない筈なのに

多分「いつも通りのライブにしたい…」とは言えども「活動休止」
普段のライブより余計にアドレナリンが分泌されてたのか
気持ちの高ぶり、高揚から来る物忘れ(笑)

そぅ思い返して頂ければ幸いです。

 
そしてライブ後頂いた数々のプレゼント
明日帰宅後、並べて写真撮るなり…

「葬式かよっ!!」(笑)
 

mixiで繋がってるRAMARっ子の皆様より
 

青薔薇は貴重品らしいです。

 
正直、ライブを終えた直後は「活動休止」の実感
全くなかったんだけど
頂いた手紙にメール、そしてライブ終演後は観れなかった
エンドロールを映像を観て体が心が「終幕」を…
 

そして今回の最高級品なプレゼント!

37Fから都心を一望出来る一泊\◯0,000萬円するホテル!!
 

ライブ当日かつての戦友である、哲つぁん
そして遥々大阪から、真さん
お世話になってる先輩の皆様や
仲間達が沢山駆けつけてくれたのですが

その中で、本当は遊びにくるはずだった
「水鏡」時代の戦友MITSUHA氏

持病の腰痛が発動し急遽来れない事に…

で予約していたホテルが無駄になってしまからと
ライブ当日の朝、連絡があり譲り受け

御陰様で朝まで打ち上り、ゆっくり寝て
ゆっくり帰宅出来ると言う最高なプレゼント!!
 

そして旅先でも

仙台では5・6年前からのお付き合い!?
対バンしたり、イベントに参加させてもらったり
BULLDOG-ZのDr.MARさん初め
歌う歯医者さん(笑)マスダさん
そして本当お世話になったMACANAの店長、佐藤さん

今回のイベントラストでは大セッション!!
 

音楽を始める切っ掛けになった一曲を共に奏で
多くの仲間に見送られ…
 

大阪ではタッキーの教え子でもある
WavesのDr.ヨッ子?? 金平さん
RUIDOの上野さん、小澤さん…
「Wild Flowers」を知ってる、口ずさむ対バンの皆様
多くの仲間達に見送られ、迎えた9.29 活動休止 LAST ONE MAN
 

ほんとはね、ライブの熱が冷めぬうちに
こうして日記を綴りたかったんだけど

RAMARな事務に追われる日々、日々、日々…

呟くじゃなく腰をしっかり据えて、ブログを綴りたかったから
 

改めましてラストツアー、ラストワンマンお越しいただいた皆様
そしてライブの成功を遠くからお祈り頂いた皆様
メンバー、関係者、スタッフ、友達、家族…

一先ず18年間たくさんの夢と希望と愛をありがとう!!

まだまだRAMARを忘れ、音楽から離れ
これから先の未来をゆっくり見渡すには、少々時間がかかりそうだけど

その先の先にある未来で「音楽」と言うフィルターを通しまた会おう!!

そしてこの先も僕等の音楽が
みんなのこれからの人生の旅の伴でありますように…
 

RAMAR活動休止の発表から一ヶ月

先週行なった活動休止、最後となる写真撮影。

今回のコンセプトは最後位、皆ピシッ!と参ろう!!って事で

「フォーマル」

普段着慣れなてないスーツに身をつつまれ
就活かっ!冠婚葬祭かっ!Vシネマかっ!て如く(笑)

当初はどうなるかちょっと心配だったけど
手応え十分な、最後にふさわしいカッコいい写真が撮れたんじゃないかと!

 

 

って大笑いしている写真で申し訳ないが(笑)
近日サイトを始め徐々にUPされて行くと思うのでお楽しみに!

けどやっぱ「活動休止」って言葉を軸に
メンバー初めスタッフ、そして応援してくれるみんなの心が
一つになってるのを感じる今日この頃。。。

このまま9月のラストツアーまで走ってこう!

 

◉活動休止 LAST LIVE TOUR “ETERNAL SOUL”◉
9月9日(日) 仙台MACANA
9月14日(金) 大阪RUIDO
9月29日(土) 渋谷RUIDO K2 -活動休止 LAST ONE MAN-
※詳しくは → http://www.ramar.jp/wp/blog/archives/category/live

 

そういや撮影前に出来た「ものもらい」
その原因が判ったのです。

思えば撮影一週間前わたくし酒井君、普段と違う行動を。。。

それは??!!

撮影があるからって日焼け止めクリームを顔面に塗りたくる。
そしてこの暑い中メット被って原チャで長時間の移動。

日焼け止めクリーム混じりの汗が額を目元を流れ
原チャを乗る際に着用している手袋で汗を拭わぬよう大分気を付けてたつもりが
いつの間にか拭っちゃってたのでしょう。。。

その結果、目元に違和感を感じ「ものらい」

これまた思い返せば、初めてものもらいが出来た去年。
そう言えばあの頃も日焼け止めクリーム塗ってた。。。

どうやらあの日焼け止めクリームは酒井君にあわないらしい
なんか古そうだし、賞味期限あるか判らないが、遠に切れてそうだし(苦笑)
もぅ捨ててしまおう!

けどやっぱ病院の薬は効くねぇ~
御陰様で撮影当日にはいつもの酒井君でした。

 

で本当は今回の日記、RAMARデビュー後の回想日記も添えるつもりが
寝起きだからなのか、ここ最近の異常な暑さのせいだからか
ごめんなさい。。。頭がまわりません。。。働きません。。。(笑)

なので今回はこの辺で。。。

RAMAR活動休止の発表から三週間

明後日には活動休止、最後の写真撮影があるってのに
二・三日前に右目瞼に違和感が。。。

また、ものもらいが出来た。(涙)

ビジュアルロッカーとしては撮影前にあるまじき事。(笑)

だから昨日、目医者さんに行ってきた。

昨日昼より薬のんで目薬射してます。

現在、痛みも腫れもも大分ひいてきてるが
撮影までにいつもの酒井君に戻るのだろうか??

まっでもいつも腫れぼったい目をしてるし(笑)
いまの世の中修正も出来るし(笑)

腫れてたら腫れたで胸はって
今の酒井君をフレームにおさめよう。

いい写真撮っぞ!!

 
ってな訳で、ハイパーマニア後期〜RAMARデビューまで
今回の日記では綴ってみたく思います。

 
「虹の向こうへ。。。」リリース後、全国ツアーを行ない
そのツアーファイナル、初ワンマンとなる1995.9.24@新宿LOFT

確かその日、RAMAR前任のドラマー福田真也
真さんの正式加入の発表をした。

そしたら会場から「えぇ〜やだぁ〜」って真さんファンからの声が(笑)
本当失礼じゃ!!(笑)

そして後にメジャーデビューするレーベル「プラチナムレコード」
のお偉いさんも観に来てて。。。これが一度断られる。。。

理由は分かってる。。。

酒井少年、若過ぎた、蒼過ぎた為の大失態!!

ステージ内のそれぞれのアンプの音量、それぞれが立つ場所にもよるんだけど
音がまわり音程がとれなくなると言う事があるのです。

そのカオスな世界に悠介少年は陥り
過去最高、最低な音痴な歌を。。。

当時はライブハウス周りの性にしていたけど、結果自分なんだよね
ライブではよくある事。ここ最近のライブでもあった事だけど

自分の中で絶対な音程を確立してればいいだけの事。

それもバネに酒井君自分探しの旅は続き。。。

 
当時リーダーだったGu.HIRO氏の脱退。。。

後任のギターリストとしふと頭をよぎったのは「尾崎力」

彼との出会いは
僕のお友達、現「処刑羅維堕亜」のVo.maru事「丸五郎」が
当時やってたバンドを観に行ったのが最初。

ギターを抱えたまま側転したり、もぅ踊っちゃうギターリスト
そのステージのパフォーマンスに魅了され

以前なんかの雑誌のインタビューで語った事もあるかもだが
ハイパーマニア五人編成になる!? なんて時期があり
その時、一度顔合わせもしてたり

酒井君、丸五郎君から奪い取った次第です。(笑)

 
そんな訳でNEW HYPERMANIA始動!!

でもでも事務所、レーベルの風当たり本当強かった、冷たかった。。。

ハイパーの楽曲を制作しブレインだったリーダーが脱退した今
残された君達に何が出来るの?? と言った所でしょう。

デモ、リハテイクの音を先ずは聴かせ
その後、リハスタでレーベルのお偉いさんからスタッフを相手にしたライブ。

ライブ後スタッフでミーティングをし
ハイパーをエクスタシーでこのままやってくか否か会議!!

無論こんな壁、簡単に壊しちゃう訳で(笑)
NEW HYPERMANIA「Together along」リリース!!

 
忘れもしないその全国ツアー、京都ミューズホールでのライブ
ラスト曲、マイクを投げるに近い形でステージにおいて
アウトロが終わる前に悠介少年退場。(苦笑)

ライブ後お客さんから「私達のノリが悪かった性ですか??」なんて言われたけど
いやいや僕の性なの。。。ごめんね。。。
これは初ワンマン新宿LOFT同様、音がまわって歌えなくなったのです。。。

 
そして会場を埋める事が出来なかった「O-WEST」でのワンマン。
本当悔しかった。。。

でも凄くいいライブができた事、肌が今だに覚えてる。
 
辛い事もいっぱいあったけど
この時期、僕等にはそれを跳ね退けるだけの大きな夢があった。

メジャーデビュー

確か1996.7.14@渋谷Egg-manのライブに
「プラチナムレコード」のお偉いさんが再び観に来てくれて
今度は「一緒にやりましょう!!」って

でも酒井君、この日も三度、音がまわり上手く歌えなかった(苦笑)はずなのに
それを上回る、凌ぐ何かがそのお偉いさんには映ったのでしょう。

無茶苦茶嬉しかった!!

親にだって友達にだってそく報告した。

そして1997.1.24@渋谷Egg-man「Together along TOUR」ファイナルワンマンで
応援してくれるみんなにも正式に報告!!

 
そんなこんなで、ものもらいもひどくなりそうだから(笑)
今回の酒井悠介・回想ブログはここまで!!

そうそうRAMAR活動休止!! 緊急対談 第二弾『酒井悠介 VS 馬場一人』
オフィシャルWEBでUPされてます

あわせてご覧下さい。

 
活動休止 LAST LIVE TOUR “ETERNAL SOUL”
9月9日(日) 仙台MACANA
9月14日(金) 大阪RUIDO
9月29日(土) 渋谷RUIDO K2 -活動休止 LAST ONE MAN-

RAMAR活動休止の発表から二週間

皆様いかがお過ごしで??

今日も暑い一日で酒井君、干涸びそうだったけど
どうにかこうにか… 今日も元気です。(笑)

ってな訳で今回の『悠々なる日々』酒井君ブログは
僕の音楽人生の始まりでもあり、僕そしてRAMARの原点でもある
ハイパーマニア時代の思い出を綴ってみたく思います。

 

モスジャ=緑のジャージ、体操着がシンボルの
三沢高校卒業後、酒井少年は音楽で飯を食う!プロになる事夢見て
専門学校に行く事を口実に
共に夢見たメンバーは何処へやら… いざ単身で上京。

上京するなり当時の音楽雑誌
「バンやろ」や「フールズメイト」や「ロッキンf」なりのメン募コーナーで
募集をかけたり、音楽性があいそうな方に手紙を出したり

一度会おうって事になると、まだまだ右も左も分からん田舎もんの酒井少年
待ち合わせ場所はいつだって
今だって新宿「アルタ前」(笑)

 

そんな中、約一年かかってメンバーを集め
動き出したバンドが「水鏡(すいきょう)」

そして忘れもしません… 東京での一発目のライブ!

高校の卒業ライブではちょっと歌ったけど
高校時代は基本ドラマーだった為
本当の意味でのボーカルデビューライブが
「水鏡」ファーストライブ、新宿ヘッドパワー

毎週末、原宿にメンバーみんなでビラを配りにいったり
ライブもコンスタントにやる中で
オムニバスアルバムに参加したり
某事務所からもオファーあったり

実質、半年ぐらい!?しか活動しなかったバンドだけど
3年はやってたような色濃く充実した日々…

「悠ちゃんにはついていけないよぉ~」

ってメンバーに言われ解散!(笑)

 

その後、再び雑誌のメン募に募集をかけ
スタジオに入ったりするもなんかしっくり来なく

「水鏡」時代、何回か対バンしていた先輩バンド
「SHADOOW(シャドウ)」→スペル間違ってたらすんません。
の解散を聞き、所属事務所に電話し、Gu.HIROさんの電話番号を聞きだし

「一諸にバンドやりましょう!」ってラブコールハート達(複数ハート)(笑)

HIROさんも当時、新バンドを始めるにあたり
色んな方々とセッションを繰り返していたようで

ボーカリスト候補とし
僕ともう一人、篩にかけてた様子。

これはハイパーマニア結成当時のベーシスト
showさん→またしてもスペル間違ってたらすんません。
から加入後に聞いた話

「◯◯は顔はええねんけど声がいまいちやネン!」
「悠介は声はええねんけど顔がいまいちやネン!」

失礼な!!(笑)

この言葉もバネに酒井君、悠介君自分探しの旅は始まり…

 

HIROさんに惚れた理由とし
「SHADOOW」の楽曲、メロディーラインがとにかくいいなと思ったのです。

HIROさんが作る曲を歌ってみたい。
メロディーを歌詞を載せたい!そう想い

初ライブに向けての楽曲制作
スタジオワークが始まり

これまた忘れもしないハイパーマニア初ライブ
渋谷TAKE OFF7

確かパルコ主催のアマチュアオーディションライブが初ライブで
ライブ後その模様はTVの深夜番組でオンエアーされ

「ここいうステージングするVo、今よくいるよねぇ~」

って偉そうにMCの、大事なマンなブラーザーズのボーカル(笑)

これまたバネに悠介君自分探しの旅は続く訳で…

 

ハイパーマニア二本目のライブは
今は懐かしJR新宿駅、確か西口を出て坂を下った先にあった旧、新宿LOFT。

そこをホームグラウンドにしたかったハイパーマニア
その場所で定期的にライブができるようになる為の昼の部オーディションライブ。

見事合格!!

それから新宿LOFTを中心にコンスタントにライブをし
デモテープを制作し、会場で売り出したり
ライブ活動を続ける中

結成から約四ヶ月後、目黒LIVE STATIONでのライブ

ライブが終わるなり僕が憧れてたバンドが数多く所属していたレーベル
の女性が楽屋へ来るなり名刺を

「なんでソニーやないネン!」

ってHIRO氏(笑)

しかもデモテープ渡すじゃなく、買ってもらってるし(笑)

当時は、ほんとHIROさんの周りに対しての大柄な態度に
度肝を抜かれ、嫌気がさしていたけど(笑)

数年前、彼とあって色々当時の話しをし

すべてがバンドが成功する為にとってきた行動であり
寝る間を惜しんで曲を作り、時間があればレーベルに打ち合わせに行ったりと

現在のRAMARのメンバーが揃い
自分が軸となり色々を動かしていくようになってから
その気持ちが痛い程、分かるようになったここ数年…

 

「酒井君が軸だから!」

と言われ

「いやいやバンドだから!」

って言葉に逃げてた若かりし頃…

 

「虹の向こうへ…」のレコーディング
歌ってる途中で他のメンバーにいちゃもんつけられるのが嫌で
他のメンバー出禁にし、後日出来上がったものを聴いたHIRO氏。
修正したい部分があったのでしょう。

確か鍵盤を入れる日かなんかで酒井君はOFFだったはず…

色々と僕と話をしたかったようですが
当時は勿論、携帯なんぞないし
ポケベルこそあったものの僕は持ってなかったし
家の電話がずぅ~と鳴ってた。

でも、何となく歌に対しての文句を言われる気がして電話に出なかった。

そしてら現場では「悠介逃亡説」浮上。(笑)
電報入れる!?とかまでスタッフまで巻き込み割と大事になってたみたいで…

本当青二才やぁ~(笑)

当時のメンバー、先輩の皆様方、関係者も含め
僕も若かったって事で許し下さいまし。

 

実はそんな事がありつつ完成したアルバム「虹の向こうへ…」

しかしタイトル曲である「虹の向こうへ…」のメロ、歌詞が出来たとき
これぞ僕がやりたい音楽!!

そう実感した。
凄い手応えがあったのを今だに覚えてる。

その先、RAMARを形成するにあたり、欠かせない、転機とも言える楽曲の完成。

 

そんな訳でRMAR OFFICIAL WEBで掲載されてる
「RAMAR活動休止!! 緊急対談/其の一”酒井悠介 VS 滝沢光一”」
→ http://www.ramar.jp/wp/blog/archives/943 に対抗し(笑)

 

「RAMAR活動休止!酒井悠介、勝手にスペシャル企画・第一弾」

「BRIDGE~RAMAR THE BEST!!~」リリースの際
ライブ会場先行予約の際、みんなにプレゼントし
唯一YouTubeでUPされてない楽曲

「虹の向こうへ…」のPVを皆様にも届けたく思います。

watch?v=Tbw3s-C20Pg&feature=plcp

しかし若いなぁ~
青いなぁ~
お子ちゃまだなぁ~

ほんと自分を捜してるなぁ~(笑)

 

◉活動休止 LAST LIVE TOUR “ETERNAL SOUL”◉
9月9日(日) 仙台MACANA
9月14日(金) 大阪RUIDO
9月29日(土) 渋谷RUIDO K2 -活動休止 LAST ONE MAN-
※詳しくは → http://www.ramar.jp/wp/blog/archives/category/live

RAMAR活動休止の発表から一週間

応援してくれるみんなの声を耳にし、目にしてたら

なんか急に目元が熱くなって。。。

休止する事はもう決まってた筈なのに

やっぱ応援してくれるみんながあって
やっと羽根が生え揃い形を成す
虹色の羽根の生えた「RAMAR」君。

あと三ヶ月で「活動休止」

その揺るぎない現実を
みんなの声を通し改めて噛みしめたら不思議とね

涙が零れた。。。

実際、発表の翌日
何にもする気が起こらず丸一日過ごした。

でも

いつまでも泣いちゃいられない
いつまでも立ち止っちゃいられない

ラストアルバムに、ラストツアーと
応援してくれるみんなの為にも
これからのRAMARの未来
活動休止の先にあるRAMARの未来に共に光を灯す為にも

今を頑張らなくちゃね。

今を生きていかなくなくちゃね。

活動休止 LAST LIVE TOUR “ETERNAL SOUL”
9月9日(日) 仙台MACANA
9月14日(金) 大阪RUIDO
9月29日(土) 渋谷RUIDO K2 -活動休止 LAST ONE MAN-

限られた時間と場所だけど
HYPERMANIA、RAMARと一つのフィルターを通し
それぞれの時間と場所で出会ったみんなと

会いたいな。


HYPERMANIA時代

ライブ中、声を枯らし「悠介ェー!!」って、名前を叫んでくれた彼女に
その中で「悠介さぁ~ん」ってお淑やかに名前を呼んでくれた彼女にも

5月末の福島で久々の再会を果たした彼女とも

新潟の姉妹にも

震災を乗り越え頑張ってるだろう今は岩手に住み二児、三児の母!?彼女とも

最北の地に旅立つ僕等を見送ってくれた彼女達
そして最北の地で打ち上がり呑み明かした彼女達とも

初全国ツアー、ラジオ局の前で暖かく迎えてくれたのが初対面!?そんな彼女にも

「写真と同じ指輪してるんだぁ~」って呟いた彼女とも

「ハイパーマニアって言う服のブランドを将来作ります!」
って言ってくれた彼女とも

僕が尊敬するアーティストの一人「中村敦」さんのサインを
直々にもらって来てくれた彼とも

今じゃライブ中MCで名指しで呼んじゃう彼とも

そしてデカいから僕等の間じゃ「布袋君」と呼ばれてた彼とも

「緊張し過ぎて何話していいのやら。。。」って毎回呟く彼等とも


そしてRAMAR時代

チキンラーメンのトランクスを送ってきてくれた彼女とも

「曲作りの時使って!」ってテープレコーダーをくれた彼女とも

確かDearのマヒロ君のラジオ番組に生ゲスト出演したのが初めての出会い!?
だった気がする彼女とも

「RAMARはもう観に行きません!」って怒らせちゃった彼女とも

僕の地元三沢の本屋さんで僕のお母ちゃんに「RAMAR」を勧められた彼女とも

「HOT WAVE」が出会いだったらしい何百通ものファンレターをくれた彼女とも

ライブ前、ステージでセッティング中「ヒマワリやって!」ってカンペを
いきなり見せてきた彼とも

吉祥寺でのインストアライブの際「あっ!ゾイドのお兄ちゃんだ!」って
握手をしたかつての少年とも

ひょんな所で出会い、繰り返すメンバーチェンジ後
再始動となる僕等を支え勇気をくれた彼女にも

お互い夢を追う同士とし音楽を語り合った彼、彼女達とも

「Wild Flowers」を僕、本人の目の前で善くぞ歌えた!彼とも

恋の素晴らしさを教えてくれた彼女とも

真冬、確かクリスマス前後に急遽行く事になった札幌
エレベーター前でばったり会いサインをした彼女達とも

成田でのインストアの際、大雪かなんかで飛行機が遅れ
ギリギリ間に合ったか、間に合わなかったか
わざわざ会いにきてくれた姉妹とも

前世では兄弟だったと言う
かつての相方kuro氏を通じて繋がったその一人一人

RAMAR貯金、もうウン十万貯まったっていう彼女とも

男だらけで驚き隠せなかった
今や懐かしラジオ会館、コトブキヤ店で出会った彼等とも

バンド生演奏禁止の伝説を作った「幕張メッセ」ワンフェスで
「Wild Flowers」の大合唱!共に歌ってくれた彼等とも

ママ業で忙しいにも関わらず
地元でのライブ成功のためインストアライブができる場所
色々探し歩いてくれた彼女とも

弟までを巻き込み久々の土地、懐かしき箱で
ライブするきっかけをくれた彼とも

西ツアー共に旅してくれた彼女とも

鳥なのに飛べない彼女とも

西も北も共に旅してくれた彼とも

RAMARがライブハウス初体験!そんな彼女とも

僕の母校「三沢高校」でのライブ後
両親と一諸に仙台のライブに足を運んでくれた彼女達とも

「今度打ち上げやろう!一諸に呑もう!」約束したままの彼女とも

ライブ中、歌ってる時とMCとのギャップに
笑いをこらえ切れず、いつも良く笑ってる笑顔の素敵な彼女とも

小説家を志し頑張ってる彼とも

mixi、Twitter、Facebook、YouTube、my space、ネットを通し出会い
未だネットの画面のみ、まだ出会っただけのみんなとも

そして家族、友達、関係者、本当お世話になった皆様とも。。。

まだまだ思い出は沢山あるけど
思い出せる限りの景色、言葉にして綴ってみました。

ほんとならベスト盤リリースの際まわった場所
広島、高知、名古屋含め、西は九州、北は北海道まで行きたかったけど

仙台・大阪・東京の三ヶ所、今、僕等が最大限に出来る
これまで応援してくれたみんなへの感謝のLIVE TOURそしてLAST ALBUM。

人生の美しさを厳しさを
そのすべてを学んだこれまでの音楽人生

「RAMAR」

活動休止、ラストぐらいみんなで見事、高々と空に羽ばたかせてあげたい。


そういや話は全く変わり
酒井家軒下から撤去した筈の蜂の巣。

見事生き残った蜂達はまたせっせと巣を作り

一昨日、今度は「ハチ・アブ用キンチョールジェット・10m強力ジェット噴射」
で一発で見事撃退!完全撤去!

ちょっと高いけどこれは効果絶大!

蜂の巣が出来た際には「10m強力ジェット噴射」お試しあれ!!