RAMAR活動休止の発表から二週間

皆様いかがお過ごしで??

今日も暑い一日で酒井君、干涸びそうだったけど
どうにかこうにか… 今日も元気です。(笑)

ってな訳で今回の『悠々なる日々』酒井君ブログは
僕の音楽人生の始まりでもあり、僕そしてRAMARの原点でもある
ハイパーマニア時代の思い出を綴ってみたく思います。

 

モスジャ=緑のジャージ、体操着がシンボルの
三沢高校卒業後、酒井少年は音楽で飯を食う!プロになる事夢見て
専門学校に行く事を口実に
共に夢見たメンバーは何処へやら… いざ単身で上京。

上京するなり当時の音楽雑誌
「バンやろ」や「フールズメイト」や「ロッキンf」なりのメン募コーナーで
募集をかけたり、音楽性があいそうな方に手紙を出したり

一度会おうって事になると、まだまだ右も左も分からん田舎もんの酒井少年
待ち合わせ場所はいつだって
今だって新宿「アルタ前」(笑)

 

そんな中、約一年かかってメンバーを集め
動き出したバンドが「水鏡(すいきょう)」

そして忘れもしません… 東京での一発目のライブ!

高校の卒業ライブではちょっと歌ったけど
高校時代は基本ドラマーだった為
本当の意味でのボーカルデビューライブが
「水鏡」ファーストライブ、新宿ヘッドパワー

毎週末、原宿にメンバーみんなでビラを配りにいったり
ライブもコンスタントにやる中で
オムニバスアルバムに参加したり
某事務所からもオファーあったり

実質、半年ぐらい!?しか活動しなかったバンドだけど
3年はやってたような色濃く充実した日々…

「悠ちゃんにはついていけないよぉ~」

ってメンバーに言われ解散!(笑)

 

その後、再び雑誌のメン募に募集をかけ
スタジオに入ったりするもなんかしっくり来なく

「水鏡」時代、何回か対バンしていた先輩バンド
「SHADOOW(シャドウ)」→スペル間違ってたらすんません。
の解散を聞き、所属事務所に電話し、Gu.HIROさんの電話番号を聞きだし

「一諸にバンドやりましょう!」ってラブコールハート達(複数ハート)(笑)

HIROさんも当時、新バンドを始めるにあたり
色んな方々とセッションを繰り返していたようで

ボーカリスト候補とし
僕ともう一人、篩にかけてた様子。

これはハイパーマニア結成当時のベーシスト
showさん→またしてもスペル間違ってたらすんません。
から加入後に聞いた話

「◯◯は顔はええねんけど声がいまいちやネン!」
「悠介は声はええねんけど顔がいまいちやネン!」

失礼な!!(笑)

この言葉もバネに酒井君、悠介君自分探しの旅は始まり…

 

HIROさんに惚れた理由とし
「SHADOOW」の楽曲、メロディーラインがとにかくいいなと思ったのです。

HIROさんが作る曲を歌ってみたい。
メロディーを歌詞を載せたい!そう想い

初ライブに向けての楽曲制作
スタジオワークが始まり

これまた忘れもしないハイパーマニア初ライブ
渋谷TAKE OFF7

確かパルコ主催のアマチュアオーディションライブが初ライブで
ライブ後その模様はTVの深夜番組でオンエアーされ

「ここいうステージングするVo、今よくいるよねぇ~」

って偉そうにMCの、大事なマンなブラーザーズのボーカル(笑)

これまたバネに悠介君自分探しの旅は続く訳で…

 

ハイパーマニア二本目のライブは
今は懐かしJR新宿駅、確か西口を出て坂を下った先にあった旧、新宿LOFT。

そこをホームグラウンドにしたかったハイパーマニア
その場所で定期的にライブができるようになる為の昼の部オーディションライブ。

見事合格!!

それから新宿LOFTを中心にコンスタントにライブをし
デモテープを制作し、会場で売り出したり
ライブ活動を続ける中

結成から約四ヶ月後、目黒LIVE STATIONでのライブ

ライブが終わるなり僕が憧れてたバンドが数多く所属していたレーベル
の女性が楽屋へ来るなり名刺を

「なんでソニーやないネン!」

ってHIRO氏(笑)

しかもデモテープ渡すじゃなく、買ってもらってるし(笑)

当時は、ほんとHIROさんの周りに対しての大柄な態度に
度肝を抜かれ、嫌気がさしていたけど(笑)

数年前、彼とあって色々当時の話しをし

すべてがバンドが成功する為にとってきた行動であり
寝る間を惜しんで曲を作り、時間があればレーベルに打ち合わせに行ったりと

現在のRAMARのメンバーが揃い
自分が軸となり色々を動かしていくようになってから
その気持ちが痛い程、分かるようになったここ数年…

 

「酒井君が軸だから!」

と言われ

「いやいやバンドだから!」

って言葉に逃げてた若かりし頃…

 

「虹の向こうへ…」のレコーディング
歌ってる途中で他のメンバーにいちゃもんつけられるのが嫌で
他のメンバー出禁にし、後日出来上がったものを聴いたHIRO氏。
修正したい部分があったのでしょう。

確か鍵盤を入れる日かなんかで酒井君はOFFだったはず…

色々と僕と話をしたかったようですが
当時は勿論、携帯なんぞないし
ポケベルこそあったものの僕は持ってなかったし
家の電話がずぅ~と鳴ってた。

でも、何となく歌に対しての文句を言われる気がして電話に出なかった。

そしてら現場では「悠介逃亡説」浮上。(笑)
電報入れる!?とかまでスタッフまで巻き込み割と大事になってたみたいで…

本当青二才やぁ~(笑)

当時のメンバー、先輩の皆様方、関係者も含め
僕も若かったって事で許し下さいまし。

 

実はそんな事がありつつ完成したアルバム「虹の向こうへ…」

しかしタイトル曲である「虹の向こうへ…」のメロ、歌詞が出来たとき
これぞ僕がやりたい音楽!!

そう実感した。
凄い手応えがあったのを今だに覚えてる。

その先、RAMARを形成するにあたり、欠かせない、転機とも言える楽曲の完成。

 

そんな訳でRMAR OFFICIAL WEBで掲載されてる
「RAMAR活動休止!! 緊急対談/其の一”酒井悠介 VS 滝沢光一”」
→ http://www.ramar.jp/wp/blog/archives/943 に対抗し(笑)

 

「RAMAR活動休止!酒井悠介、勝手にスペシャル企画・第一弾」

「BRIDGE~RAMAR THE BEST!!~」リリースの際
ライブ会場先行予約の際、みんなにプレゼントし
唯一YouTubeでUPされてない楽曲

「虹の向こうへ…」のPVを皆様にも届けたく思います。

watch?v=Tbw3s-C20Pg&feature=plcp

しかし若いなぁ~
青いなぁ~
お子ちゃまだなぁ~

ほんと自分を捜してるなぁ~(笑)

 

◉活動休止 LAST LIVE TOUR “ETERNAL SOUL”◉
9月9日(日) 仙台MACANA
9月14日(金) 大阪RUIDO
9月29日(土) 渋谷RUIDO K2 -活動休止 LAST ONE MAN-
※詳しくは → http://www.ramar.jp/wp/blog/archives/category/live